乾燥した砂漠で生きる動物の知恵

ナミブ砂漠で生きる10センチくらいのミズカキヤモリは、
夜行性のトカゲで、コオロギやバッタを捕食し、
日中は強烈な陽射しから身を守るために、砂中で過ごします。

 

ナミブ砂漠で生きるミズカキヤモリの得意技

 

ダメージ肌

小さなミズカキヤモリですが、夜明け前になると、
水かき状の足で砂を上手に掻き出して、
10秒もあれば砂中に潜ります。

 

ところがめったにないことですが、
砂漠に雨が降ると、ミズカキヤモリにとっては一大事。

 

 

明け方、雨で濡れた砂は小さなミズカキヤモリにとっては重く、
日が昇ったあとになっても、砂を掘り切れずに潜れなくなると
干からびて死にいたってしまうことがあるのです。

 

人間にとっての砂漠の雨は、恵みの雨ですが、
ミズカキヤモリにとっては危険な雨だなんて、なんとも皮肉な話ですね。

 

人間社会での乾燥も侮ってはいけません

ちょっと大げさなことを書きましたが、肌にとっては 干からびていいことなど、
けして良いコトなど一つももないということなんです。

 

よろしかったら、フコイダンを原料とした美容液の詳細をこちらでご覧ください。

ダメージ肌 【高濃度原液美容】ニューピュア フコイダン >>

 

 

 

>>>ダメージ肌を美肌に変える